閉じる

SEARCH 検索

詰める

機器・部品の小型化と軽量化は、自身のエネルギー使用量削減にとどまらず、それらが組み込まれた設備・装置や移動体などのエネルギー削減にも貢献する重要な技術です。 住友金属鉱山は、素材が持つ機能を活かしつつ、広い応用製品分野において機器の小型化と軽量化に貢献しています。例えば、粉体をより多く「詰める」ことで密度を上げた電極膜は単位容積当たりの電気的容量が大きくなり小さなスペースで必要な電気特性を発揮することができます。当社の粉体材料は、粒径や形状を独自の製法で制御してより多く「詰める」工夫がなされており、最終製品の小型化や軽量化を通じ社会に価値を提供しています。

01粒子✕詰める

他磁石材料と組み合せて密度アップと低コスト化が可能。

希土類磁石材料

NdFeBボンド磁石用磁石粉の粒径に比べて~1/50の大きさでありながら、磁石粉として同等に近い磁気特性を持ち、密度アップによる小型化や一部置換によるコストダウンが図れます。

02シャープな粒度分布✕詰める

シャープな粒度分布を有し分散性も良好。

微粒銅粉

独自の湿式粉体制御技術により、シャープな粒度分布【D10:0.35μm、D50:0.55μm、D90:0.88μm】を実現しました。高い分散性と結晶性を合わせて、低温で不純物の少ない緻密な焼結面を得ることができます。

一覧へ戻る

FUNCTIONS 機能一覧