閉じる

SEARCH 検索

防ぐ

温室化ガスがもたらす地球温暖化、猛暑による作物の被害、デジタル化社会の脆弱性など多様化するリスクを未然に「防ぐ」ことが社会的な要請となっています。 我々は、例えば、過度の日射、細菌汚染、通信機器の誤動作、視界を妨げる曇り、酸化、摩耗、夜間の交通事故など事故や損害を招く様々な問題因子を解決するための材料に注力しています。 住友金属鉱山は、非鉄金属を供給するメーカーとして、これらの課題に粉体材料の「防ぐ」機能をお客様の応用製品に適用してリスク低減に貢献しています。

01酸化✕防ぐ

微粒銅粉でありながら大気中で優れた耐酸化性。

微粒銅粉

平均粒径0.5μmの微粒銅粉でありながら、常温から200℃未満の温度域での酸化は非常に穏やかなため、焼成雰囲気などの条件を設定しやすく、さらに200℃未満であれば大気中での取扱いも可能です。

02日射✕防ぐ

熱線カットと採光の両立に最適。

近赤外線吸収材料

窓に応用すれば、日射による内部の温度上昇を抑制し、冷房負荷を低減できます。

特に、波長780~2600nmの近赤外領域を幅広く吸収するCWO®は、塗布から樹脂への混合までさまざまなタイプの遮熱対策に適用できます。

03摩耗✕防ぐ

ミクロンサイズの磁石粉を使い、摩耗に因る部品コストと交換頻度を削減。

希土類磁石材料

NdFeB射出成形材料使用に比べてSmFeN射出成形材料は半分以下の部品交換頻度の削減を期待できます。

04錆✕防ぐ

NdFeB磁石材料に比べて、赤錆発生が少ないSmFeN磁石材料で塗装レスを実現。

希土類磁石材料

塗装で用いる有機溶剤による環境負荷・人体への影響を軽減できるほか、除外設備や廃液設備が不要となるため内製化が容易で、外注塗装などによる物流費用や時間の削減が期待できます。

一覧へ戻る

FUNCTIONS 機能一覧