閉じる

SEARCH 検索

GLOSSARY 用語集

金属の抗菌効果

銅、銀、亜鉛、ニッケル等の金属には抗菌効果があることは古くから知られており、現在注目が高まっています。その中でも、銅と銀の抗菌効果は極めて高く、流しの三角コーナーや洗面器、ドアノブなど生活用品にも採用されています。
この抗菌効果は金属と周囲の水分が反応して生成される活性酸素のため、水分へ溶け出した微量の金属イオンが細菌を減少させるため、あるいは、金属固体表面の接触によるためと考えられています。なかでも、銅の抗菌効果について、米国環境保護庁EPAが2008年に認可をしました。このお墨付きにより、一層銅の抗菌効果は注目されました。
現在では伸銅品をプレス加工した物以外にも、表面に銅をコーティングする、銅箔を張る、銅粉を繊維やフィルムに練り込む、印刷するなど応用方法は多岐にわたります。感染症が社会問題化するなか、金属その中でも銅・銀の抗菌効果を付加した製品は身近なものになっていくことでしょう。

最終編集日:20210830

Take part in X-MINING 各種お問い合わせ

X-MININGは、住友金属鉱山とあなたで新たな技術の創出や課題の解決に取り込むプロジェクト。お気軽にお問い合わせください。

MATERIALS 材料製品一覧