閉じる

Search 検索

鉄ガリウム(Fe-Ga)磁歪合金単結晶

【開発品】 鉄ガリウム(Fe-Ga)磁歪合金単結晶

住友金属鉱山は長年に渡り様々な用途で使用される結晶材料を製造・販売してきました。この豊富な経験に裏付けされた独自技術を基に、IoT(Internet of Things)などに応用可能な磁歪式振動発電用材料『鉄ガリウム(Fe-Ga)磁歪合金単結晶』を開発しました。
当社の磁歪材料はバラつきが少ない磁歪式振動発電を可能とし、メンテナンスフリーのワイヤレスセンサーネットワークにおける独立電源としての応用が期待できます。
デバイスメーカーとの協業も視野に、社会に貢献できる製品を目指しています。

お問い合わせ

鉄ガリウム(Fe-Ga)磁歪合金単結晶の特性

鉄ガリウム(Fe-Ga)磁歪合金単結晶は、IoT独立電源で用いられる振動発電(エネルギーハーベスティング)のキーとなる材料の一つです。
当社では、結晶育成方法として垂直ブリッジマン(VB)法を採用し結晶内での組成ばらつきが小さく高品質な単結晶を育成する技術を確立しました。 □66mm×66mmまでの四角柱形状、φ52mmまでの円柱形状の単結晶育成が可能です。育成した結晶が持つ磁歪量は約300ppmと大きく、値のばらつきが少ないことが特徴でIoT向け振動発電デバイスの磁歪材料として優れた特性を示します。
当社ではこれらの単結晶を加工することで、板材を中心としたさまざまなサイズ、形状のサンプル作製が可能です。デバイスメーカー、大学とのオープンイノベーションにより、高機能材料で社会貢献することを目指します。
サンプルサイズや特性などの詳細は本サイトの資料ダウンロードもしくはお問合せフォームよりお問合せ下さい。

関連する資料

  • 鉄ガリウム(Fe-Ga)磁歪合金単結晶

    研究開発品

    鉄ガリウム(Fe-Ga)磁歪合金単結晶
    INDEX
    • Fe-Ga開発品の特徴

鉄ガリウム(Fe-Ga)磁歪合金単結晶のラインアップ

代表値

平行磁歪量 合金組成 形状
約300ppm Fe-17~19at%Ga 板状、角柱、円柱など

想定される用途

エネルギーハーベスティング(磁歪式振動発電)用材料
磁歪振動発電で見たことないコラボがうまれる|新結合 V-COLLABO

鉄ガリウム(Fe-Ga)磁歪合金単結晶についてよくある質問

磁歪材料にはどのような用途(事例)がありますか?

磁歪定数の大きさに応じ、アクチュエーター、センサ、発電デバイス等に用いられます。近年、IoT用微少電源として振動発電の活用に注目が集まっており、発電デバイス用材料として活用の広がりが期待されています。

振動発電とはどのようなものですか?

圧電効果、電磁誘導効果、静電誘導効果、逆磁歪効果などを利用して振動からエネルギーを生み出す技術であり、IoT用微電源として注目を集めています。当社の鉄ガリウム(Fe-Ga)磁歪合金単結晶材料は、磁歪特性のばらつきが少ないことが特徴で、逆磁歪効果を利用した振動発電デバイスの磁歪材料として優れた特性を示します。

Fe-Ga合金とはなんですか?

鉄をベースとした磁歪材料の1つであり、高い磁歪係数(約300ppm)と高い機械的特性が特徴で、振動発電用途で注目が集まっています。当社は、磁歪特性のバラつきが少なく高品質な鉄ガリウム(Fe-Ga)磁歪合金単結晶材料を作製する技術を確立しています。

Related Documents 関連する資料

  • 鉄ガリウム(Fe-Ga)磁歪合金単結晶

    研究開発品

    鉄ガリウム(Fe-Ga)磁歪合金単結晶
    INDEX
    • Fe-Ga開発品の特徴

Take part in X-MINING お問い合わせ/メルマガ登録

X-MININGは、住友金属鉱山とあなたで新たな技術の創出や課題の解決に取り込むプロジェクト。お気軽にお問い合わせください。
またX-MININGでは住友金属鉱山の材料製品のアップデート情報やイベント参加情報を配信しています。ぜひご登録ください。

Materials 材料製品一覧