閉じる

SEARCH 検索

近赤外線吸収材料

近赤外線吸収材料

CWO®(セシウム酸化タングステン)を代表とする住友金属鉱山の近赤外線吸収材料は、可視光線の高い透過率と、近赤外線に対する強力な吸収能力を併せ持ち、耐候性に優れる無機材料です。
当社が発明し、国内外の特許・商標を所有するオリジナル材料です。

お問い合わせ

材料特性

material properties image

CWO®やLaB₆は、太陽光線の40%近くのエネルギーを占める波長800~1,200nmの光を強く吸収する性格がある無機材料です。
CWO® やLaB₆は、従来の無機材料 ITOやATOに比べ、少ない添加量で同等の近赤外光の吸収を得ることが可能な材料なため、添加による混合物の物性変化を低減できます。可視光範囲でも優れた透明性を持ち、顔料の色彩保持が可能であるため、優れた調色が可能です。
住友金属鉱山の近赤外線吸収材料( CWO®やLaB₆)を応用した太陽光の熱エネルギーマネージメント、映像製品、製造プロセス技術への利用が検討されています。

製品ラインアップ

性状 近赤外吸収微粒子 溶媒等​名称 CAS No.​
分散液 CWO®︎ メチルイソブチルケトン(MIBK)​ 108-10-1
7732-18-5
プロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート(PGMAC)​​ 108-65-6
LaB6 トルエン 108-88-3
分散粉 CWO®︎ -(微量トルエン含有)​ 108-88-3
LaB6

※ CWO®やLaB₆製品は貿易管理令で輸出許可が必要な製品です。詳しくはお問い合せください。

 

 

CWO®紹介動画(YouTube)

 

CO-CREATION 関連する事例紹介

RELATED COLUMN 関連記事

MATERIAL 材料製品一覧