閉じる

Search 検索

鉄ニッケルコバルト系合金微細粉末

【開発品】 鉄ニッケルコバルト系合金微細粉末

~ニッケル粉末の湿式合成技術を応用して開発された鉄ニッケルコバルト系合金粉末~ 当社の「鉄ニッケルコバルト(Fe-Ni-Co)系合金粉末」は、MLCC用ニッケル粉末での湿式合成技術を応用して開発された、鉄(Fe)を含む合金粉末です。平均粒子径が0.2~1.0μmの従来にない細かさとシャープな粒度分布が特徴です。絶縁性を高める表面処理、磁気特性の調整なども可能でインダクタや触媒の用途はもちろん、その他用途への応用可能性がある材料です。

お問い合わせ

鉄ニッケルコバルト系合金微細粉末の特性

鉄ニッケルコバルト系合金微細粉末の特性のグラフ

  • カスタマイズ: 組成比、粒径、表面処理をお客様の要件に合わせて調整可能
  • 粒子形状: 平均粒子径0.2~1.0μmで、シャープな粒度分布
  • 結晶性:数㎚から数十㎚の微結晶の集合体
  • 表面処理: 特殊な表面被覆による電気絶縁性と耐酸化性
  • 磁気特性の調整: 組成の調整により、磁気特性をニーズに合わせて最適化。特に、軟磁性材料用途では、高い飽和磁束密度(Bs)が特長

組成比、粒径、表面処理などニーズに合わせてカスタマイズいたします。お気軽にお問い合わせください。下記は軟磁性材料用途における規格の参考値です。組成比、粒径、粒子形状はご要望に合わせて調整可能ですので、ご相談ください。

(開発品規格参考値)

組成 鉄ベース合金(例: 鉄ニッケル(Fe-Ni)、鉄コバルト(Fe-Co)、鉄ニッケルコバルト(Fe-Ni-Co))
粒子形状 球状粒子
飽和磁束密度(Bs) 1.2 ~ 2.0T(成分に応じて任意に調整可能)
平均粒径 0.2 – 1.0μm
表面コート 表面に絶縁コーティングが可能

金属粉粉末の製法について

金属粉粉末の製法は、アトマイズ、噴霧熱分解、PVD、湿式合成、カルボニル法などがありますが、当社の鉄ニッケルコバルト系合金粉は、湿式による晶析で製造されています。湿式による晶析は低エネルギー消費で安全な製造プロセスです。

鉄ニッケルコバルト系合金微細粉末の用途例

当社の鉄ニッケルコバルト系合金粉末は、インダクターコア材料や電磁シールド材料、さらに、その優れた特性から、新たな用途の開拓も期待されています。

鉄ニッケルコバルト系合金微細粉末のよくある質問

鉄ニッケルコバルト系合金粉の粒度分布はどのようになっていますか?

当社の鉄ニッケルコバルト系合金粉は、精密な粒度制御を行うことで製造されており、平均粒径が0.2~1.0μmの範囲において範囲で任意に制御可能であり、非常にシャープな粒度分布を有しています。

鉄(Fe)、ニッケル(Ni)、コバルト(Co)以外の元素との合金もできますか?

当社が採用している湿式製法の制約から、鉄と化学的に近い性質を持つ元素とのみ合金化可能です。

インダクタへの利用でどのような特性の向上が期待されますか。

当社の鉄ニッケルコバルト系合金粉は、粒径が小さく飽和磁束密度が高いため、高周波での損失の低減や直流重畳特性の向上に貢献します。

Take part in X-MINING 各種お問い合わせ

X-MININGは、住友金属鉱山とあなたで新たな技術の創出や課題の解決に取り込むプロジェクト。お気軽にお問い合わせください。

Articles 関連するコラム

Materials 材料製品一覧