閉じる

SEARCH 検索

GLOSSARY 用語集

希土類元素

希土類元素は、元素番号21のスカンジウム(Sc)、39のイットリウム(Y)、57~71のランタノイドの計17元素の総称で、「レアアース(Rare-earth)」とも呼ばれます。
レアアースと良く似た言葉で「レアメタル」が使われていますが、レアメタルは海外では"minor metal"と呼ばれ"rare metal"はrare-earthと同義であまり使われません。 レアメタルは希土類元素の他に元素番号3のリチウム(Li)や22のチタン(Ti)なども含まれた総称で、元素からみた関係は、"レアアース"<"レアメタル"となります。
ランタノイドの元素のうち、元素番号61のプロメチウム(Pm)は地球上では天然でごく僅かしか存在しません。元素番号60のネオジム(Nd)までを軽希土、62~64までを中希土、65~70を重希土と呼ばれ、磁石の分野ではこれら軽希土、中希土、重希土を希土類元素と呼ぶこともあります。
希土類元素は、産地により含有量は異なるものの天然では同じ鉱石中に混在し、単体元素を得るには溶媒抽出等複数の工程を得る必要があります。このため、必要となる元素を得ると不要(需要が少ない)な元素も同時に産出されます。

希土類元素の分離・抽出の方法は、別の機会にコラムで詳細を掲載する予定です。

最終編集日:20201014

Take part in X-MINING 各種お問い合わせ

X-MININGは、住友金属鉱山とあなたで新たな技術の創出や課題の解決に取り込むプロジェクト。お気軽にお問い合わせください。

MATERIALS 材料製品一覧