閉じる

SEARCH 検索

費用をかけずに磁力を上げられないか 希土類磁石材料

費用をかけずに磁力を上げられないか

=ユーザーからの声=
“現在、異方性フェライト材料を射出成形して磁石成形品を作っている。一部のお客様から、磁力を少しだけ上げたいと要望を受けているが、数量が限られており金型を作製する費用負担が問題となり進まない…”
“等方性Nd(ネオジム)系などの材料でコンテントを下げればお客様が要求する磁力にはできるが、樹脂量を増やすと成形後の収縮が大きくなり規格寸法に入らなくなる…”
“金型の新作や大幅な改造をせずに同等寸法で現行品よりも少しだけ磁力を上げられないか…”

私たちからのご提案

住友金属鉱山のWellmax®-S4製品は、フェライト磁石よりも少し磁力を上げたい用途に最適な材料です。
Wellmax®S4製品は、異方性フェライト磁石粉の一部をSmFeN(サマリウム鉄窒素)磁石粉に置き換えた射出成形材料です。最大磁気エネルギー積が、フェライトボンド磁石よりも高い24kJ/m3(3MGOe)~フェライト焼結磁石よりも高い56kJ/m3(7MGOe)までの製品を8kJ/m3~16kJ/m3(1~2MGOe)毎で用意しています。お客様でインテグラルブレンドにより特性を微調整いただくことも可能です。

SmFeN磁石粉の割合が低いWellmax®-S4製品では、異方性フェライトボンド磁石の射出成形用金型のまま材料変更のみで特性をアップできることがあります※1

※1: 配向磁場が低い場合は、新規配向用の金型部品が必要になることがあります。

また、Wellmax®-S4製品はNdFeB磁石粉よりも錆び難く、金型の摩耗や錆対策をフェライト磁石と同等として扱うことができます※2

※2: SmFeNのコンテントが高い場合は、新規配向設計や錆対策が必要な場合があります。

減磁曲線

可能性は無限大です

現行の磁気回路と材料特性を教えて頂ければ、住友金属鉱山の豊富な知識と経験で材料変更によりどの程度の特性アップが期待できるかシミュレーションを用いて推測できます。

Wellmax®によって実現した、特性を「高める」機能は他分野でも応用可能です。

あなたの持つイマジネーションを「Wellmax®」で実現してみませんか?

FUNCTIONS 機能

Take part in X-MINING 各種お問い合わせ

X-MININGは、住友金属鉱山とあなたで新たな技術の創出や課題の解決に取り込むプロジェクト。お気軽にお問い合わせください。

MATERIALS 材料製品一覧