閉じる

Search 検索

価格変動リスクが少ない希土類磁石はないのか? 希土類磁石材料

希土類磁石に必要な希土類元素は価格が不安定な場面もあり、本当は使いたいがそのリスクからお客様によっては利用を見送られるケースがあります。ではこのような現状にどのように対応するべきなのでしょうか。住友金属鉱山からのご提案もあわせてご紹介します。

希土類は価格変動リスクがあり、希土類磁石の使用に踏み切れない

ユーザーからの声

“高特性の希土類磁石であるネオジム鉄ボロン磁石(NdFeB磁石:以下、ネオジム磁石)を使えば磁石を小さく強力にできるので、ネオジム磁石を使ったモーターの設計を進めたい。でも、EVやHEVなどでネオジム磁石は需要増となることが予想されており、2011年の希土類価格の高騰の時のように入手が困難になることや自社製品に転嫁した価格をお客様になかなか認めて貰えない状況になるなどを考えるとリスクが大きくて使いづらい…”

“モーターの磁気回路の設計をいろいろ工夫してフェライト磁石など希土類磁石を使わない設計を試しているが、既存磁石材料では磁力が低く設計の工夫だけでは限界があり、お客様のニーズに合う製品が作れていない…”

“既存磁石材料を使うと他社とも似た構造となり、モーター単体での差別化が困難なので制御系で何とか差別化するしかない…”

“ネオジム磁石は原料リスクが大きいため原料リスクが小さい材料で強力な磁石を使いたいが良い材料がわからない…”

このように、ネオジム磁石には価格高騰をはじめとしたリスクがあり、安定的な価格での調達先を確保することに課題がありました。これらの解決案として、住友金属鉱山の主力製品であるサマリウム鉄窒素(SmFeN:以下「SFN:エスエフエヌ」)磁石粉材料を活用したWellmax®-S1/S3/S4シリーズ製品をご提案いたします。

価格推移が比較的安定している希土類元素サマリウム(Sm)

住友金属鉱山のSFN製品は、原料調達や価格変動のリスクが少ない希土類元素のサマリウム(Sm)を使用しています。ネオジム(Nd)やジスプロシウム(Dy)は一切含まない材料です。

希土類の価格は、2010年頃から急激に高騰しました。これを契機にオーストラリアやインドでの鉱山開発が着手されました。その後、希土類の価格は2011年をピークに下落に転じました。しかし、ネオジムやジスプロシウムは高騰前価格には戻らず、若干の変動を含む価格で推移し、生産国は中国偏重の傾向が続いている状況です。

ネオジムは、2015年から2020年頃までは高騰前価格よりも高値ですがまだ安定していました。しかし、2021年11月ごろから再び上昇に転じ一時期は3倍近くまで高騰、現在は2倍程度の価格で推移しています。2011年のネオジム価格高騰では政治的な背景が強いとされていましたが、現在の価格高騰は風力発電やEV推進の実需を受けた側面が強いと見られており2011年の価格高騰以降に見られた安値安定には戻らないと見られています。

一方で、Wellmax®製品で使用するSm-Oxide(酸化サマリウム)は、2011年の価格高騰時には他の希土類元素と同様に高値で変動しましたが2015年頃には高騰前の価格に戻り、以降は同等の価格で2022年現在も安定に推移しています。

希土類原料の価格推移(Argus Metals Internationalデータより

含有量は違うものの、いずれの鉱石中にも多数の希土類元素が含有されています。需要が少ない元素は、元素を分離する途中の中間生成物として溶液や酸化物の状態でストックされています。

Sm(サマリウム)は、SmCo(サマリウムコバルト)磁石やSmFeN磁石以外に工業製品として多くの需要がある用途は見つかっておらず、数量は定かではありませんが現在も多くの生産者でストックされていると聞いています。このため住友金属鉱山では、今後も価格・供給とも安定的に推移する見通しを立てています。

希土類磁石の価格推移については弊社のX-TALK Vol.6【前編】でも取り上げていますので、ぜひご覧ください。
希土類磁石の価格高騰と、サマリウム磁石材料「Wellmax®」の可能性

希土類磁石(ネオジム磁石)と比べ価格高騰リスクの少ない
希土類元素Sm(サマリウム)の可能性は無限大です

Wellmax®-S1製品は、2~3μmのSmFeN磁石粉でいろいろなバインダーに混ぜて使用することも可能です。(※危険物第2類可燃性固体に該当します)

Wellmax®-S3/S4製品は射出成形磁石材料なので、磁石に凹凸やリブ、偏肉などさまざまな形が容易に実現できます。更に外観上は同じ形状でも、配向が異なれば磁気特性も大きく変わるため、この配向をどのようにするかにより他社と差別化された秘匿性が高い磁石とすることができます。

Wellmax®によって実現した、原料リスクを「減らす」機能、他社との差別化で秘匿性を「高める」機能は他分野でも応用可能です。あなたの持つイマジネーションを「Wellmax®」で実現してみませんか?

Wellmax®(希土類磁石材料)の製品詳細を見る

Related Documents 関連する資料

  • Wellmax®

    ボンド磁石材料

    Wellmax®
    INDEX
    • Wellmax® 磁石材料の特徴
    • Wellmax® 高耐錆性
    • Wellmax® 軽量化&コストダウン
    • 射出成形による削減&差別化
  • Wellmax®-S1

    異方性SmFeN磁石粉

    Wellmax®-S1
    INDEX
    • 組成
    • 粒度分布と粒子形状SEM像
    • 磁気特性と減磁曲線
  • Wellmax®-S3シリーズ

    異方性SmFeN射出成形磁石コンパウンド

    Wellmax®-S3シリーズ
    INDEX
    • 磁気特性と機械特性及び熱的特性
    • 減磁曲線(含む温度変化)
    • 着磁、配向、脱磁特性
    • 経時変化(80℃90%RH、120℃Dry)
    • 推奨成形条件
  • Wellmax®-S4シリーズ

    異方性SmFeN-フェライトハイブリッドPA12射出成形磁石コンパウンド

    Wellmax®-S4シリーズ
    INDEX
    • 磁気特性と機械特性及び熱的特性
    • 減磁曲線(含む温度変化)
    • 着磁、配向、脱磁特性
    • 経時変化(80℃Dry)
    • 推奨成形条件
  • Wellmax®-S5Bシリーズ

    異方性NdFeB-SmFeNハイブリッドPA射出成形磁石コンパウンド

    Wellmax®-S5Bシリーズ
    INDEX
    • 磁気特性と機械特性及び熱的特性
    • 減磁曲線(含む温度変化)
    • 着磁、配向、脱磁特性
    • 経時変化(80℃ & 120℃Dry)
    • 推奨成形条件
  • Wellmax®-S5Pシリーズ

    異方性NdFeB-SmFeNハイブリッドPPS射出成形磁石コンパウンド

    Wellmax®-S5Pシリーズ
    INDEX
    • 磁気特性と機械特性及び熱的特性
    • 減磁曲線(含む温度変化)
    • 着磁、配向、脱磁特性
    • 経時変化(80℃ & 150℃Dry)
    • 推奨成形条件

Take part in X-MINING お問い合わせ/メルマガ登録

X-MININGは、住友金属鉱山とあなたで新たな技術の創出や課題の解決に取り込むプロジェクト。お気軽にお問い合わせください。
またX-MININGでは住友金属鉱山の材料製品のアップデート情報やイベント参加情報を配信しています。ぜひご登録ください。

Functions 機能

Materials 材料製品

Materials 材料製品一覧